メインメニュー

ブログ - 瞬時・瞬時を切に生きる。- 公爵と皇帝   (木戸開善)

瞬時・瞬時を切に生きる。- 公爵と皇帝   (木戸開善)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
kobe 2020/6/24 0:04

公爵と皇帝
前にナポレオンのエジプト遠征を読んだ。今回彼の戦争の全貌が把握できた。エジプト遠征もそうだが、食糧は現地調達。装備もお粗末。それでも初の
国民軍としての意識は高い。

ナポレオンの天才的判断、スピード、砲兵力で取り囲む強国、オーストリア、ロシア、プロシアを次々と破る。

イギリスをポルトガルから追い出すべくスペインに侵攻してから、運命が
変わる。ウェリントンに阻まれ20万の軍を消耗。引き揚げることもせずに、
ロシアに50万で遠征。食糧の確保ができず早めの冬の到来で5万人しか
帰れない惨敗をする。
エルバ島に流され帰還するも、ワーテルローでウェリントンに敗れた。
人を道具としてしか見ていない。現在に通じる法律、自由平等を世界に
広げた人でもある。

戦場の跡を地図で追ってみた。地形も想像できる。本当なら現地に立って
みたい。年だから、諦めて、日本の合戦場を訪ねよう。

木戸開善
 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7)

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://kobe.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/731