メインメニュー

ブログ - 瞬時・瞬時を切に生きる。- 図書館の再開   (木戸開善)

瞬時・瞬時を切に生きる。- 図書館の再開   (木戸開善)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
kobe 2020/6/20 20:04

図書館の再開。
図書館が再開した。ジム同様の一方通行の道ができている。16日と遅れての
スタートだ。早速5冊借りた。
飢えていたかのように20日で3冊読んだ。
 
市村正親 [役者ほど素敵な商売はない] 。彼が劇団四季の出身だと知る。
ファントムでは、多くの人の涙を誘った。
浅利慶太、蜷川幸雄のきつい指導を受けている。いい芝居をするためには
当然と受けとめている。私も最近は二人の老師に厳しく鍛えられている。

自分の課題を指摘されているわけで、ありがたく素直に聞かなければならない。と言っても自然にそうなるには、まだ時間がかかる。

木戸開善
 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (10)

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://kobe.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/730