メインメニュー

ブログ - 瞬時・瞬時を切に生きる。- 広島座禅会   (木戸開善)

瞬時・瞬時を切に生きる。- 広島座禅会   (木戸開善)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
kobe 2020/6/14 20:21

広島座禅会
広島支部の道場は、コロナ対策が万全だった。かく部屋に除菌液の入った
空気清浄機や加湿器が置かれ、アルコール消毒も備わっていた。
終始マスクを着けての活動だ。

修行は、これまで大事に持っているものを叩き壊される。私は、こだわりが
強いのでサラリと違う角度で取り組むような問題(公案)に苦労する。
何度も老師に参禅した。

今回は着語にも苦労した。課題の境地を主に漢詩の一句から、探して着ける。ズバリのごつっとしたものでなく、風流な味わいのある句を見つける。
これも苦手だ。要するに本当の境地にないということだ。

木戸開善
 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2)

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://kobe.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/727