メインメニュー

ブログ - 瞬時・瞬時を切に生きる。- フェニキア人を読んで思いついた。   (木戸開善)

瞬時・瞬時を切に生きる。- フェニキア人を読んで思いついた。   (木戸開善)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
kobe 2020/6/8 22:13

フェニキア人を読んで思いついた。
1976版の古い本だ。400ページ以上あるのに、スイスイと読めた。堅苦しい
歴史書てはなく、ただ面白い歴史物語でもない。中間の歴史エッセイである。

ハタと気付いた。塩野七生が自分の作品を歴史エッセイと呼んでいる。
謙遜もあるかもしれない。読者の興味を逸らすことなく、実際の歴史も描く。

彼女も私より10は、いかない年上だから、この作品を読んでおり、
後の参考にした可能性はある。あるいは、東西で同じような現象が同時に
起こるという一例かもしれない。

歴史を変えるエリザベス女王と信長が同時代の人であったように。
 

木戸開善
 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4)

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://kobe.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/726