メインメニュー

ブログ - 瞬時・瞬時を切に生きる。- コロナとの共存   (木戸開善)

瞬時・瞬時を切に生きる。- コロナとの共存   (木戸開善)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
kobe 2020/5/20 20:28

コロナとの共存
大丸に寄った。開店時にぶつかり間隔を開け並んだ。
コーナーによれば開店していないところもある。お寺への手土産はご子息
向けのいいものが見つかった。イートインで働くS氏にも会えた。
肉弁当を買い明日からオープンのカウンターを使わせていただいた。

その後妙楽寺にうかがい禅セミナー、摂心の打ち合せをした。
時間があったので倉庫借地を訪ねたら、予想を超える草の茂りよう
もう3回は来なくては処理できない。

デパート始めコロナ対応を手探りで、やっている。
外に出て、いろんな努力を参考に禅会も歩みださねばならない。

ベネチアの番組で前から関心があった鳥のような仮面が、ペストに対応した
医師のものであった。くちばしの先に薬草を入れた。3人に一人が死ぬような
場面に対応した。教会も祈る他に積極的に対応したであろう。

私も微力とは言え、難題に苦しむ人に手を貸す立場にある。
コロナを正しく恐れつつ防護服を着てでも、不安に悩む人に寄り添っていく。そんなことを忘れていた。

大きなことは言えないが、自分にできることを、やっていきたい。

(木戸開善)
 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8)

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://kobe.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/717