メインメニュー

ブログ - 瞬時・瞬時を切に生きる。ー年賀状あれこれ。

瞬時・瞬時を切に生きる。ー年賀状あれこれ。

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
kobe 2020/1/11 17:15
150通年賀状を交換しています。)
ひところは200通を超えていました.。年年減っている。私からはやめることはしない。一堂に酒を飲んでいる場を想定し、一人ずつ、会話を交わす感じで読んでいる。今回でやめにしましょうが4人。山小屋生活をしていた人が6人いたが、二人は逝去。一人も処分した。どうするかを考える時期だ。金婚式の報も多かった。私も妻が生きておれば49年だ。うらやましい。趣味、ボランチア、中には仕事を続けている人もいる。同年代です。活き活きわくわく感が伝わってくる。禅で手に入るものも、安心と活き活きわくわくであるから、それで何も問題ないようだが、やっぱりお節介だが足りないのではと思う。人生何が起こるかわからない。その時、対処するのは、結局は自分だ。自分を日頃から鍛えるというか、覚悟をつくっていかねばならない。禅は座るのも三昧の工夫。摂心では公案を通じて、三昧と必死になることを身に着けていく。老師からは、普段でも摂心と同じように努めよと指導を受ける。死ぬまで怒られ、指導される有難い場だ。やってもいないと誤解されるかもしれないが。木戸開善

                                             
                  
    
    謹賀新年
    
    
  
 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3)

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://kobe.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/630