メインメニュー

ブログ - 最新エントリー

TV許り見ている一日
日曜日から喉が痛く頭痛もする。火曜の今日医者に行き薬をもらった。
ただでさえ家に閉じこもっているのに、本を読む気にもならぬ。
1時間毎にコロナのニュースを見ている。国民多くの意識が変わった効果か、
昨日今日と爆発的拡がりのニュースはない。
この1週間が毎日100人以内にとどまってくれるよう祈る。
情報が増えコロナ菌が存在する場所、クラスター感染の起き易いところも
わかってくる。

4月中に少し落ちつけば、よく配慮しつつ社会経済活動に取り組まねばならない。木戸開善

 

 

 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (0)

日本の不思議
4月の活動を全て中止にした。判断が正しかったか、毎日検証している。
今のところ予測のとおりだ。
志村けんの死亡でより身近に感じるし、若い人も不注意な海外旅行の
後始末を見て真剣になるだろう。
 
日本は中国に最も近い大国なのに、今のところではあるが感染者、
死亡者が少ない。イタリアでは不思議に思っている。
清潔好き、一斉に動く、心配症、よくは判らないが、ここ3週間の
自粛で急拡大を避けることが出来れば日本の評価が上がる。 木戸開善
 
 

 
 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (0)

コロナ対応
写真は2月末の熱海岳南道場がコロナ対応で消毒液入りの加湿器を
使っていた様子だ。
 
最近一気に逼迫している。NHKで山中教授が話されていた。
コロナ対応は1年かけてやらねばならない。
 
政府はじめパニックを恐れ今後どうなるかを言わない。
原発事故の放射線被爆に同じだ。
パリやニューヨークのように外出禁止令を出すのが本当は一番良い。
その点からも外出自粛を徹底するしかない。
 
禅の活動も4月寺子屋座禅会を含め全て中止にした。
私だけが注意すれば良いという段階ではないのだ。
今週末が無事に終わるよう祈るが3週間、自粛は続けなければならない。

木戸開善

 

 

 
 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2)
(今日M銀行健保組合の担当より請求しないとの連絡を受けた。)
話し合いが始まってからは、早い決着であった。わからないが、相手方のお体の状況が大きく関与している問題であり、どこにもっていくべきか悩むような事案こそ、保険が救済すべきではないかと願っていたのが、通じたのかもしれない。管理組合のビデオに現場が写っていたので、記憶に基づいて主張したが、保存処置をしていなかった。TVでもよく活用されているので、いつまでも残すものと勘違いしていた。ミスであった。交渉相手の立場・ご事情もよく考慮してあたることにしていたが、正しかったと思う。道場が使用できなくなり、急遽130件のお寺を訪問して運よく妙楽寺さんに出会えたことが第一の試練。今回の事故が第2の試練。幸いにもクリアすることができた。第3の試練は、いよいよ人集めに注力することに関連するかと予測していた。しかし、あまり試練とはいえないなと思っていたら、今回のコロナ騒ぎだ。さっそく、44日に開催する寺子屋座禅会をどうするかの決断を迫られている。東京が都市封鎖になれば別だが、兵庫も落ち着いてきており、4月よりはコロナと折り合いをつけて、社会経済活動に入ると思うので、参加者0でもやることにしている。木戸開善

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3)

最近の生活での大きな変化
パソコンを変えソフトも移動したが、生まれた作動しないのが
ブログ作成ソフトだ。神戸にいる時もスマホでやっている。仁龍さんには
迷惑かけている。
本題。生活で変わったのは、どちらもスマホ関連。ラインは便利で娘に
毎日の安否確認を送っている。
いろいろ受信するので1時間毎に開いている問題もでている。
次はペイペイだ。遅ればせながら今年から入った。
便利なのに加え酒を買っても10%返還がある。商売成り立たないではないか。こちらの情報が取られているからだそうだ。
かなりの本数の酒をお礼の気持ちで送ったが、ペイペイが使えるとは
思っていなかった。若い人は得をしているようだ。

木戸開善

 
(相変わらず縦長写真は、体調が悪いのか寝てしまう。無作法ご容赦。)
 

 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3)

薪を焚く
一昨年の秋薪ストーブを取り付けた。
費用に追い付く効果は先のことだ。憩いがとれるのは素晴らしい。
京都にいる娘の旦那が[薪を焚く]というノルウェーでの本を贈って
くれた。
刈る。割る。積む。乾かす。焚く。と区分して道具や体の使い方を
楽しく紹介している。北欧の生活文化である。
ストーブにしか目がいかなかったが奥は深い。
木を切り倒すのも私は出来ないし、太い幹は電動チェーンソーは
歯が立たない。割るのにも注意がいる。
大変な仕事で、且つ楽しめるということだ。

木戸開善
 
 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2)

瞬時・瞬時を切に生きる。ーお金の効用。

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
kobe 2020/3/26 16:42
(昨年10月の摂心荷物運搬時の台車接触事故の話し合い始まる。)
早い話し合いを希望していたのに、遅くなった。たまたま相手が骨粗鬆症のひどい方であったので、100万を超える額の損害賠償となった。どう話を切り出すか、なかなか寝付けぬ夜もあった。健保は事故の場合、負担しない。過失責任で当事者に請求する。知らなかった。本人の過失で請求しておけば黙って支払ってくれるのだ。後で、本人分の負担割合交渉ですむ。しかし事故は事故だ。まず、私は事故の当事者ではないが、神戸禅会のためにやっていたことで起きたことであり、私が支払人になると伝えた。次に骨粗鬆症に寄る処大であり、金額の30%を対象とする。どちらにも責任のない話だが。肝心の転倒につながる原因は、エレベーターから出る人は前方を確認して安全を確かめて出てくる。今回無防備にも後ろ向きに出てきて、台車にぶつかったと主張した。責任は0とは言えないので10%だと。ふと気が付いた。言い争う場合、どこで線を引くか。結局は金が解決するのだなと。金の効用だ。相手も、事情のよくわからないことに関係し、お困りだろうと。覚悟を決め、言いたいことを言ってしまうと、金を払うことは、たいしたことではないと思える。金はどう使うか、どう生かして使うかが大事だ。神戸禅会がこれを機に、広がることにつながればと思う。東京の娘の旦那は観光業に従事。おまけに個人事業者だ。窮状を思い、お金を送った。トランプ大統領のコメントを参考にした。これも生きたお金の使い道のひとつだ。木戸開善

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2)

毎日が楽しい許りではない。
これから愛好しているピサ屋に行き汐の湯温泉に入る。
楽しいこと許りだが、来週には摂心の荷物運ぶ時に台車に触れ、たまたま
骨阻喪症のひどい方だったので100万円を超える賠償問題の話し合いに入る。
大手銀行の健保が相手だ。考えるだけで気が重くなる。
山と谷があるから人生面白い。そんな気分になるよう努めている。

木戸開善
 
 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1)

カフェレストランの居酒屋
ガーデンモリスが土曜夜だけ居酒屋にあるという。
早速出かけた。6時半開店と聞いていたが6時からの先客が3人いた。
一緒にどうぞと相席させていただく。みな地元畑野町の方だ。
私一人県外からの参加。地元の話など楽しく聞かせていただいた。
1時間半程で店を出る。酒付きセット料理が1000円。
グラスがビールグラス程大きい。冷酒が普段の倍はあり、何でも500円。
焼酎を追加して計1500円。夢のようなところだ。
帰り山小屋まで20分歩く。昔は車が頻繁に横ぎった。今晩は1回だ。
仕事をしていた頃、こうして家路に向ったもんだと思い出す。

木戸開善

 

 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1)

亀岡市は今。
山小屋から10分も歩けば亀岡市畑野町だ。亀岡市は光秀をテーマに
観光街興しに取り組んでいる。
巨大なサッカーも出来るスタジアムも今年オープンした。
亀岡市中心にある亀山城を拠点に周囲を囲む守護代内藤氏初め荒木、長沢他の豪族を討ったことも知った。
その亀岡市の外れの畑野町は店もない寂しいところだった。
カフェレストランのガーデンモリスができ利用している。
新しく道の駅のような店も誕生した。
モリスでは土曜の夜、酒を出すと聞いた。早速明日体験してみる。僻地のようなところだが変化が感じられる。店主は街興しのスターのような人だが、料理つくりに追われていた。夜の本領発揮ぶりを見たいものだ。

木戸開善

 

 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1)