メインメニュー
  • カテゴリ ブログ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - ブログカテゴリのエントリ

(同期入社の女性を囲む会の幹事を今回引き受けた。)
マドンナのような女性で、入社後すぐに退職。ご縁のある者7名で、年に2回食事会を開いている。今回担当の番になった。忙しいこともあり、手近いところでセットした。神功皇后ゆかりで弓弦羽神社。そのあと、香雪美術館。これがすばらしい。戦国武将とお茶の展示だ。ものとしては、10万円もしないものが1億、1兆の付加価値をつける。ゴッホ、ルソー、のちの時代では発現したものをさらに200年前に実現している。それもみずから作り上げたものでは無く、タンツボ、小便ツボとしてあったものを、美術品として付加価値をつける。なんという先見性か。信長、利休のすごいところだ。正直、なんで、そんなにすごいのかとは思う。でも、日本の素晴らしさの一つではある。そのあと、フランス料理店。ジュエンヌ。すばらしいフレンチレストランであった。料理にサプライズがある。日本料理と共通する。ひつこさ、多量を恐れていたが、ちょうど良い加減だった。いつもは少食のあとの3人が平らげていたので幹事としては良かった。私の幹事役の仕事はこれで、今年はぜんぶ終わりだ。
ユックリと今年の反省もしつつ、来年に備えたい。木戸開善
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2)
新装開店したガーデンモリス訪問。
 
この辺りで食事お茶するところは、ここしかない。
主婦、若い女性で賑わっていた。
今回は短期間なので作った料理は全部食べなければならない。
食事を頼むことは次回の楽しみ。
コンビニがなくなり不便である。
コーヒー、味噌、ポン酢、台所洗剤を買ってくるのを忘れた。
準備が悪いのはいつものことだ。何とかはなるが。
カフェに戻るが若い人が集うのはよいことだ。
新しいことはここから始まる。老人は経験を武器にした跋扈の弊害がある。
禅と仕事の世界は違うかもしれないが、
78歳の自分、注意しなければならない。

木戸開善
 

 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5)

伊庭貞剛伝を読む。
 
山小屋に来て2日目。

昨年と違い薪がよく乾燥しているのでストーブも快調に燃える。
その傍らで本を読む。

住友を破壊した男伊庭だ。

禅の仲間に住友金属の人が多いので、よく話題に登っていた。

武家の出身で明治維新で司法省に勤め

当時住友の総理事の叔父の引きで住友入社。
製鉄に手を染め赤字と銅山の公害に、

会社がニッチもさっちもいかない時に単身別子に乗り込む。

これから大活躍が始まる。
何と[臨済録]を座右にしている

。私は臨済録から話ができるようになりたいと思いつつ難しさに閉口していた。

突破口になればと思う。
気が付いたら薪が消えていた。

小枝を重ね燃え上がるのを待つ。

木戸開善
 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3)

(別府・那須の他に六日町温泉も行きたい。)
5年前に妻を亡くした。卵巣がん発病以来2年間の闘病だった。

本人は覚悟を決めていたので、無駄な手術もせず、

亡くなる3け月前まで好きなフラダンスを踊っていた。

さわやかで、凛とした生きざまだった。

私の場合も見習いたいと思っている。

毎月旅行を計画し、1年半はあちこちへ行った。

最後の旅行が信州・新潟だった。

4月に入っていたが、バスで仰ぎ見た八海山の神々しい雪を

いただいた姿は、妻の姿そのものだった。

これは、毎年見たいものだと思いつつ、まだ実現していない。

東京での摂心の前後に六日町温泉に泊まる旅程を組めば、

可能だ。来年の4月にぜひ、実現したい。

宿で、「八海山」を飲むのも楽しみだ。

木戸開善

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3)

(別府・東京・宇都宮・那須と1週間以上家を空けた。

懸案をかたずける。)
妙楽寺さまには禅合宿の荷物を預けている。

大量の荷物である。早く、近くに倉庫を建て、引き取りたい。

幸い、近くの長田高校南のお寺の所有地をお借りすることができた。

借地で価格は無理を聞いていただいた。

初めてお伺いした。腰くらいまでの草がぼうぼうである。

2個に入れたが、まだ20から30袋は、刈り取らねばならない。

そのうえで、倉庫を建てる。

荷物の量からして、大きいのを2個つくらねばならない。

土地もじめじめしている。布団を置くので、湿気対策も考えねばならない。

とりあえず、ブルーシートを下に引きたい。

この春までは家が建っていたらしい。

メンバーと協力して、作務をやり、適切な場所に、

湿気対策で問題がでないように、倉庫つくりをすすめたい。

一歩前進できる。
木戸開善

 

 


 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5)
那須茶臼岳に登る。
 
早起きして那須ロープウェイを目指した。
生憎強風で動いていない。歩いて茶臼岳を登る。
強風で吹き飛ばされそう。寒さも厳しい。50分歩いて峠の小屋で引き返す。
もう頂上を目指す年ではない。禅も頂上でなく内容を高めたい。
公案がいつも初対面のようなのも三昧力がないからだ。一念不生の訓練と
座る回数を増やす。

那須高原をずいぶん歩いた。意外に寂しい感もある。

かえってよいのかもしれない。

木戸開善



 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7)

 

那須温泉を訪ねる。

 

念願の那須温泉に来ました。

山に囲まれ別府を思い出しますが裾野が北海道のように広い。

軽井沢のように開け過ぎていないのも魅力です。

ホテルサンバレー、あまり期待していませんでしたが予想を超えよかったです。

杜の木に囲まれ硫黄温泉に入って満足です。

1週間前には別府の硫黄温泉に入ったので東西を味わいました。別府は高校時代の憧れの女性が女将をやっているので年2回は訪ねている。那須温泉も定期的に行きたい。

もう座禅と山小屋しかない。間に温泉と料理、酒を入れたい。人間禅で90まで頑張っている方もいるが私は85を目標にする。後7年ある。神戸も支部になっていることだろう。                                       木戸開善


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2)
宇都宮にいます。
 
栃木道場が新しくできたお祝いに来ました。
三億円をかけた素晴らしい立派な造りです。
神戸では集めても1千万でしょう。うらやましいというより
違う世界の話です。
宇都宮は、駅近くは賑やかですが少し離れると食べるところがありません。
スシローに入ったら70分待ち。駅までバスで行き名物ギョウザを
食べました。これも並んでました。          

      木戸開善
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5)
市川散歩
 
写真は道場の両忘塔だ。
私が亡くなったら骨は、こことキリスト教会にある妻の骨壷に入る。
摂心が終わり会議まで時間があるので近くを散歩した。
下総国分寺など、よく行くが今日は歴史博物館に寄った。
発見は千葉県の北側に古代は海が入りこんでいた。
旧利根川の向かうには房総の島があった。関東はだだっ広くて地理の理解に
苦しむが古きを尋ねると理解しやすい。

木戸開善


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4)
市川の本部道場で座禅合宿
 
昨日木曜から参加。
全国から100名ばかり集まった。
昨晩の老師のご提唱では
[我を殺す。三昧になる。一念不生]の大切さを改めて再確認した。
少しでもできるよう作務をしっかりやった。
竹の伐採は適当な長さに切るのが大仕事だ。
今日は広い境内の掃除に取り組んだ。ただ、それだけに取り組む。よい修行だ。

木戸開善
 



  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8)